千駄木迷子

千駄木にある全生庵に行くつもりであった。 が、迷ってしまい、たどり着かなかった。 地図をみたが、思考停止、全く違う方向に歩いていたようだ。 気がつけば、千駄木から根津駅まで歩き、根津のたい焼きだけ買って帰る。 千駄木や根津が楽しくて、最近、よ…

死霊高校

一昨日は、5回目のマッドマックスを観賞。 昨日は、「死霊高校」を観賞。 マッドマックスに関しては、観終わっても、数日たつと観たくなる。 完全なるマッドマックス中毒にかかってしまった。 自分にとっては、まるで、じゃがりこの様だ。 じゃがりこは、一…

なんてラブリーな日だ

マッドマックスを、やっと、観てきた。 正直、観に行くには腰が重く、 とりあえず、スケールが大きいだけで、 砂漠をバイクや車がカーチェイスしているだけなのでは、 と、思っていたのである。 そんな過去の自分に喝、いやパンチ連打の刑を与えたい。 映画…

7日

三島由紀夫の小説を、 山手線のラッシュの中、 わずかなスペースで読みたい願望を抱きつつも、 その本持つ手さえも、ラッシュには凶器に等しかろうなど、 余計な気をもみ断念する。 だけども、ラッシュ内、他の人が操作する携帯電話は、 次から次へと、自分…

濃いし日

先日、山口小夜子展に行って、たいそう、感銘を受け、視覚頭脳へと、どかんと、 くらったものである。感性乾杯というくらい、なみなみのアルコールをつがれたようでもある。少女のようなあどけなさ、美しさ、男性っぽさ、エキゾチックさ、ここまで兼ね備える…

さぼった果て

美味しいバーニャカウダ的サラダと生ハム。今にも動き出しそうな 生ハム。ヤンシュヴァンクマイルの映画に登場すれば、 そのままダッシュで動きだしそうな生ハムに、いたく感動。 口の中で、噛まれる生ハムではなく、勝手に動き出す生ハムを 想像して、味を…

残酷なといえば

天使のテーゼ。 マジカルバナナ方式のリズムにのせるには、 少し字があまるが、残酷なといえば天使のテーゼ カラオケの一室で、 テンションがこれ程あがることがあるだろうか。 嬉しい楽しい大好き、と、 ドリームズカムなんちゃらのような某歌の 歌詞的テン…

こけしは見た

休日である。 昼に浅草まで日本舞踊の体験稽古に行き、ひと踊り。 浅草の人の多さに、心の悲鳴、帰りはそそくさ浅草退散。 中央線界隈に戻り、ついちゃんと合流。 こけしを、貰った。一目で、こけしに夢中。 今すぐにでも、自分の魂を注入する勢い。 こけし…

カツサンドをカタカナで書くといい

裏切る事なく、桜が咲いた。 のどかさの代表シーン。 咲く花あれば、散る花もある、という 当たり前ループ劇場が幕開いたなと、本日実感した。 ヒレカツサンド買って、 桜。 ヒレカツサンドを食べる。 おっと、写真みて気がついた、 ジャージがめくれてる事…

コツコツ骸骨

昔から骸骨ものを集めている。 美保ちゃんが骸骨のブレスレットを作ってくれたので、 嬉しくて、毎日、手首につけている。 自己主張控えめの骸骨が、たえず手首のところでグルグルしているのが 自分の視界に入る、嬉しさよ。 「野ざらし」 古今亭志ん朝 - Yo…

恥御殿の世界

高円寺ショーボートにて、 恥御殿バンドのライブの物販のお手伝いを。 演奏の上手さと歌の上手さで、独特な素晴らしい世界観を体験させてくれる。 いやはや格好良いとしか言えない。 恥御殿バンドを率いる主、マダムジュンコ様。 ダンスも歌も、おしゃべりも…

泥人形の会

以前、千駄ヶ谷を徘徊していた際に、 「泥人形」という、名前の喫茶店を発見した。 ん?レストランなのだろうか、いや、喫茶店だよね、 という、クエスチョンマークを抱きつつ。 その発見時から、気になって気になって仕方なかったが、 本日、泥人形に、やっ…

犬の心単独ライブ

座高円寺にて、犬の心単独ライブ「冬犬」に行く。 犬の心は、昔からファンであるにも関わらず、 単独ライブは初めて行くというこの現実。 犬の心の2人とも、 演技が上手く安定しているので、ものすごい安心感の元で、 コントをみれるのが嬉しい。 観終わっ…

幇間

「幇間」という字は、 落語を聴かなければ、きっと分からなかった、 なかなか、縁のない字だ。 別名「太鼓持ち」とのことで、2014年が終わるこの年末に向けて、 この太鼓持ちの立場の人にとっては、 メリーゴーランドが最速回転するかの如く くるくる忙しい…

神楽坂からのベイブルース

雨が降ってしまった。 途中から大降りになった雨で、見事濡れたが、 そんな中、神楽坂探索を、ついちゃんと行う。 雨女というものが本当にあらば、この雨効果は、 まがう事なく、ついちゃんであろう。 神楽坂の「キイトス茶房」にて、キーマカレーを食す。 …

早稲田大学演劇博物館とフラッシュバック

早稲田大学演劇博物館まで、 「新国劇と剣劇の世界」の展示会を観に行ってきた。 大好きなかもめんたるのコントライブも行われていたので、 勿論、観る。野外で観るという機会が滅多にないので、 とても新鮮であったし、素の2人の姿も垣間見れた。 早稲田大…

鈴本演芸場まで猛ダッシュする日

習い事が急遽休みになった。 あいた時間を持て余していたので、 落語に行こうと思い立ち、適当に演芸場を調べてみたところ、 鈴本演芸場で柳家喬太郎さんの「笑えない喬太郎」という演目を発見。 しかも楽日、最終日だ。 時間をみると、18時は既にまわって…

あちこちハイ会

まだ気温もそこまで寒くない故、あちこち徘徊しては、 友達に会っている。とはいえ、もうすぐ11月だ。本格的な寒さも すぐ目の前。暑いよりは、寒いほうが好きなので、 寒さも大歓迎、だから、相変らず街を徘徊。 新しい店を開拓した。開拓記念の写真。 もう…

新宿末広亭ではてしなく充実

本日は、新宿末広亭に行き、久しぶりの寄席を満喫。 前日から、遠足に行く子供のように、うきうきしておった。 まい泉のヒレカツサンドを購入し、 遠足のおやつ300円が、まい泉のカツサンドに変貌した成長過程よ。 まあ、寄席に行くというのは、とにもかくに…

芸人様

待ちに待ったキングオブコントが終わり、 今、この段階で、優勝者が誰かもわかっている状態で、 日記を書き書き。 台風がきている中、パリジェンヌ家に馳せ参じ、 キングオブコントを一緒に観る会を実行した。 パリジェンヌはシソンヌを贔屓にし、自分は犬の…

小指の思い出

「小指の思い出」という芝居を観てきた。 野田秀樹さん脚本ということで、内容が難しそうだと、 心して観に行ったのであるが、まさしく予感的中。 とても難しい内容で、数学の問題をといている時の感覚に似ている。 自分の理解力、感性鈍さ故なのか、 何処と…

社長吸血鬼

本日は、ナイロン100℃「社長吸血鬼」の舞台を観劇。 贔屓のかもめんたるが、昔から好きだった劇団に出る故、 久しぶりの観劇であった。 かもめんたるは、やはり、単独ライブでみるほうが個人的には 良かった。かもめんたるの2人ならではのキャラクターが 生…

夜のラーメン

残業あがり、時間は22時、ふらっと駅前のラーメン屋。 夜に食べるラーメンを食べ終わった後の罪悪感は、 ついついお腹をさわることで、ひしひし増大。 昨日食べたラーメンには、輪切りレモンがはいっており、 濃厚さの中にさっぱりとした後味があった。 レ…

パラ斉藤さん

久しぶりに感動したガチャガチャに出会ってしまったので、 本日はその紹介を。 パラ斉藤さん。 どれが、斉藤さん?アニメ?なんでしょうか、これは、 と思い、もう、目が釘付け。パラ斉藤さんってなんだよ。 気になる、惹かれる、スペックの戸田恵梨香並に、…

鎌倉

鎌倉へ行くとなった時から、 あれを食べたいこれを食べたいという、「食べる」ことのみに、 頭の中が支配されるのは自分だけであろうか。 目に入るは、しらす丼、あわび餅、芋パフェ、お団子、コロッケ、豆、漬け物、 ソフトクリーム、自分の胃袋に限度があ…

田園に死す

どうですか、この見事な、寺山修司っぷりっぷり。 以前、阿佐ヶ谷の、あるぽらんという店の階段の横に貼られていた ポスターなのだが、このポスターを見つけた途端、 昔の恩師に再会するくらいの感動を覚えた。 恩師と言ってしまったが、恩がつくほどの師は…

THE SCREENTONES

一週間前のこととなる。 ちゆさんと、久しぶりに会い、吉祥寺を徘徊。 女性は茶やらご飯を食べるのがたいそう好きなので、 久しぶりに会えば、勿論、茶やら、ご飯をする。 突如、井の頭公園に行きたくなった。 散歩がてら、通ったことのない道を通って、井の…

ゴールデン街

ライチ光クラブ。名前がいい。 昨日、仕事帰りに、ふらっと、独りで、新宿ゴールデン街へ。 新宿ゴールデン街に行く際には、必ず、好きな花園神社を通ってから、 行くのであるが、花園神社の境内に入ると、ふわっと身体が軽くなる気がして、 す〜〜っとなる…

夜喫茶

三上寛さんのライブが終わってから、 パリジェンヌさん、あやなさん、だいごくんで、 喫茶店へとむかった。 喫茶店のバナナジュースって、こんなに美味しかったっけ!?という、 記憶をたどりながらも答えがでぬまま、再度、バナナジュースの 美味しさを実感…

夢は夜ひらく

三上寛さんのライブの日。 始まり始まり。画像には、堂々たる、「三上寛の日」という文字をつけたわけだが、 この呼び捨て感。申し訳ない、呼び捨ては、どうも申訳ない。 三上寛 夢は夜ひらく - YouTube 「夢は夜ひらく」を最初に聴いた時の衝撃よ。 個人的…