小さな悪の華

f:id:tamaririko:20140523012823j:plain

 

悪の華」といえば、ボードレールよりも何よりも

真っ先に浮かぶのはバクチクである。

 

「小さな悪の華」という映画を観た。

フランスでは上映禁止になった程内容に問題ありきらしく、

確かに衝撃的過ぎた、が、ごめんなさい、好きだ、こういう作品。

誰に謝ったのかわからぬままの、曖昧謝罪をしてみたわけだが、

退廃的、ロリータ、悪魔、無邪気さと邪道、反カトリック、同性愛、支配欲、

色々なワードが頭に思いつく感想。

そして、何よりも、この映画には、

なんとも言えない「エロさ」が漂っており、身も心もどんより虜になる。

壇蜜さんや杉本彩さんですら比べ物にならぬ程のエロさ。

10代の幼い女子(幼いというか思春期まっただ中の13〜16歳くらいですかしら)の

白い下着姿に勝るエロさはないと、個人的には思っておりまして、

この映画はそういう意味で、とにかくエロティック。

 

少女が大人の男性を誘惑するシーンの表情など、小悪魔っぷり超えての

大悪魔にすらみえる。誘惑された男性も我慢ができればいいものの、

我慢できぬものだから、その後の結果の悲惨たるや、気の毒だ。

もぐらたたきゲームのもぐらを男性器と例えてみると、

ハンマーで叩かれる確率が増えようと、

引っ込んでなんかいられないやいっ!って、くらい

もぐらが一気に穴から顔をだしまくるところをイメージしてもらうと、

少女の誘いっぷりが如何に素晴らしいものか想像できる。

 

少女自ら自分たちで築き上げた想像の世界で生きる姿が、

愛しさと残酷さとはかなさが入り交じって、

ラストシーンの衝撃さなんて、

なんとも言えぬ美しさがあった。

 

どういう内容か連想していただき、

是非観ていただきたい映画である。

 

白い下着に乾杯、そして、白い下着見たら正常心は完敗。

 

f:id:tamaririko:20140523022410j:plain

そうだ、フランスへ行こう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする