読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜桜お七はラッキーナンバー

2週間前か1週間前か忘れてしまったが、

井の頭公園まで美保ちゃんと行き、桜をちら見。

井の頭公園に着いた瞬間に、リコーダーを吹いたお兄さんが

自分の隣にピタッときて、性格占いのような内容を呟いてきた。

それが、なかなか当たっているような気がして、

お兄さんに声をかけたかったが、友達の無言の制止の元、断念。

不思議なこともあるものだ。不思議なリコーダーのお兄さんであった。

 

f:id:tamaririko:20160410032921j:plain

 

本日、マレーシアから観光で来たという若い男性のお客様が3人来店。

まるで貫禄のあるアイドルのようにみえた。

言葉がどうしても通じず、なかなか難しかったが、

社交辞令の一つなのか、その中の1人の方に、

アイラブユーと言われたので、

自分のアニメホルモンが現実に引き戻され、

一瞬乱れる。こんな言葉を発する人が現実にいるのかと、

一期一会でも、やはり嬉しいという感情が自分にあることに

びっくりした。ボーイフレンドはいるの?というような内容を聞かれ、

ボーイフレンドはいないけれど、

ガールフレンドはいるかもしれないじゃないかとか、

いや、今はいないけれど、同性も好きになるし、みたいな、

浮かれパニックに陥る。マスターをチラッとみたら、タイミングよく、

「恋して〜」と他のお客様と会話している最中。

 

年齢は22歳とのことで、自分の年齢を聞かれた際に、

とっさに25歳と答えてしまったが、これは、さば読み過ぎの犯罪に

近い行為で、言った後に辛くなった。

もう会うことはないと思うから、どうか許してくれ。

ラインIDをくれたのだが、言葉が通じない以上、

社交辞令の名残りの紙と成り果てるだろう。

 

そして、帰ってきて、

久々に顔パックをする自分がいるのであった。

アイラブユーに浮かれやがる夜である。

 


落語 桂米朝 貧乏花見

花見といえば、これですな!

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする