頭刺しは痛そうだけど

踊りの稽古に行く。

そして、久しぶりに、頭刺し、簪をつけた。

簪の中に髑髏を混ぜて、和と髑髏の融合が頭上で繰り広げられるという

自己満足に浸る。

はてさて、先生に気づかれるだろうか。

 

f:id:tamaririko:20160209012801j:plain

 

稽古の後は、じゅりちゃんと合流し、ご飯を食べる。

じゅりちゃんとは話が尽きず、色々話したいので、

あっというまに、遅い時間になってしまった。

近いうちに、きっと、また会うぞ。

 

今日の先生は芸者さんの様な、

素敵なヘアスタイルをしており、「先生素敵っす」と、

声にだして言いたい日本語のように、思いっきり声に

だして言ってしまった。

 

次は、稽古だけではなく、

着物を来て、寄席に行こうと思うが、

着物の難点は、とにかく、お手洗いにいくのが面倒くさいことだ。

面倒くさくて、お手洗いに行く事を我慢しがちになり、

どれくらい我慢してしまうかというと、

B級ホラー映画「バスケットケース」のバスケットから、

兄ちゃんが飛び出してきそうなくらい、

今か今かと、膀胱がパンパンになるまで、

我慢してしまいそうだなと思っている。

よくわからない例えだが、まあ、なんとなく思った。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする