読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンクロニシティ

東京グランギニョル、という劇団を知っておられるだろうか。

自分が知ったのは、本当に最近で、

ライチ光クラブ」という古谷兎丸さんの漫画を

読んで、その存在を知ることとなった。

調べると、演出の飴屋法水さんという方が、とんでもなく魅力的な様子で、

調べて行くうちに、ぐいぐい引き込まれていく。

とはいえ、勿論、今は、解散しており、この劇団の

舞台を拝める日は決してないのだが。。

 

そして、東京グランギニョルの存在を知った次の日のことであるが、

久しぶりに会った友達の口から、ひょんなタイミングで

飴屋法水さんに関するイベントのお誘いの話がでた。

こういうの、シンクロニシティと呼べるのだろうか、呼んでもいいだろうか、

いや、呼びたい、呼ばして、呼ぶぞ。ちょっとした偶然にすぎないけど、

このグッドタイミングに狂喜乱舞する。

 

また、松江市は何県にあるのだっけ?という何気ない話をしていると、

何故かずっとその日は、他のところでも、

松江市関連の話題にぶつかったり、テレビで松江市がでていたりする。

こういうのも、シンクロニシティと呼ぶのだろうか。

極めつけは、あの子どうしてるかなあ?と思うと、その子から、

その日にラインがきたり。

 

とまあ、勝手な思い込みかもしれぬ、シンクロニシティ

周りで多々起こっており、面白いなあという、感想。

 

f:id:tamaririko:20140822002513j:plain

電話の看板をみつめる、怪しい妖怪=わたし。

この瞬間に。どなたかから、

電話がかかってきたとか、こないとか。

 

本日、友達のプレゼント包装を頼み、その順番待ちで、

名前を聞かれた。その際に、「あ、加瀬」です。

と言ってしまったが、偽名も甚だしい。

加瀬亮が好き故に、とっさに「加瀬です」といけしゃあしゃあと答える様よ、

怖いですね。たぶん、その内、「星野」になります。

星野源の星野。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする