振り向けば新潟

好きなアーティストのディナーショーに行く日が来るとは、

若い頃は思いもよらなかった。

ディナーショーといえば、お金に余裕があり、おおいに着飾った

紳士や婦人たちが美味しいご飯を食べたり、飲酒をし、

そこで、好きな歌手のショーをみるという贅沢な空間で、

縁遠い世界すぎるイメージを抱いていた。

 

しかし、ここ数年、ディナーショーなるものに、

行き慣れてしまうという、まさかの予想もつかない現実。

 

f:id:tamaririko:20181209184922j:plain

 

ディナーショー舞台は、わが故郷新潟の某ホテル。

ロビーの演出が素敵であった。

 

f:id:tamaririko:20181209185507j:plain

 

調子のり。

 

f:id:tamaririko:20181209185611j:plain

 

純烈ディナーショー。

動画撮影は禁止だけど、写真撮影は許可ありという

有り難い状態の中、撮影より実物の瞬間瞬間を記憶にとどめたいため、

少しだけ撮る、けど、ぼけてしまった。

もっといい写真は自分の携帯の中のみにとどめる。

いつもディナーショーに来るたびに、自分が来れるのは、

これが最後かもしれないと思いながら来るのだが、

楽し過ぎるので、最後になどしたくない、と自分の中で葛藤。

素敵な方達でございます。

 

ホテルで一泊し、そのままおばあちゃんの家に行き、

施設にいるおばあちゃんに会いに行く。

笑顔のおばあちゃんに会えた。

私の名前を思い出してくれなくてもいいから、

おばあちゃんの笑顔をみれるだけで、幸せだ。

 

帰り道、

東京行きの新幹線、外は既に夜。

楽しい記憶とともに、

無性にセンチメンタルにさせる要因は、

夜景のネオンたち。

東京につけば、また現実に戻るのだけど、頑張ろう。