フラミンゴ散歩

フラミンゴのような長い足とは真逆の足で、四谷三丁目を散歩。

四谷怪談のお岩さまの寺「陽運寺」に行く。

平日なので、人も少なく、境内には、

自分だけしかいない時間もあり、贅沢な時を独占。

風が気持ちがよく、寺の中のベンチでゆっくり一休み。

平日休みはこれだから絶品。

 

昼は、通りかかった蕎麦屋の暖簾が気になり、ふらりとその店にはいる。

カツ丼を食べる予定が、メニューをみた途端に天婦羅蕎麦に心変わり。

落語の「ときそば」を真似て、爆音的に大きな音を出して

蕎麦をすすりたいものだが、どうもね、そこまでは、出来ぬよ。

 

四谷三丁目が面白く、まだまだ散策のしがいあり故、また今度。

 

夜は、つまらんホラー映画を観てしまい、消化不良だ。

ラストが予測できてしまい、案の定、予想どおりの結末。

消化不良を補うべく、再び、孤独のグルメを観る。

そして、カツ丼がでてくるシーンをみて、

ああ、やはり、今日はカツ丼にすれば良かった、と独り言。

 


桂枝雀 Shijaku Katsura 皿屋敷 落語 Rakugo

 

四谷怪談と皿屋敷は全く異なるものの、

最初に、それぞれの話を聞いた時は、子供心に、

何とも言えないおどろおどろした恐怖を感じたものであった。

本当、トイレに独りで行けなかった記憶がある。

 

しかし、枝雀さんの皿屋敷には、

可愛さと抱腹絶倒するほどの面白さしか感じぬ。

だからこそ好きだ。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする