読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死霊高校

一昨日は、5回目のマッドマックスを観賞。

昨日は、「死霊高校」を観賞。

 

マッドマックスに関しては、観終わっても、数日たつと観たくなる。

完全なるマッドマックス中毒にかかってしまった。

自分にとっては、まるで、じゃがりこの様だ。

じゃがりこは、一度食べ終わっても、数日たつと、また、購入している。

食べたい、観たい。しばらくたつと、再び、食べたい、観たい、の

このループが共通している。

 

f:id:tamaririko:20150827220630j:plain

 

死霊高校。じわじわ最高の恐怖を味わえる。

6人程の集団で来ていた女性たちが、怖いポイントのたびに、

大声で悲鳴をあげるので、

正直、それが辛かったが、それだけ、

彼女たちにとっては怖いのだと思う。

だがしかし、だがしかしなのである。

怖いポイントがくる度に、

この女性集団の悲鳴を聞かないといけないのか、、と思うと、

一瞬映画を楽しみたい気持ちから心が離れ、心がブルーになった。

まるで、心霊番組特集で、ただうるさい悲鳴をあげるゲストのアイドルみたい。

「女って何でこんなにうるさいのだろう」と

自分の性別忘れて思ってしまった。

ここお化け屋敷じゃなくて、映画館っすよね、、と。

悲鳴あげちゃダメとか勿論そんなことないのだけども。

リアルな悲鳴は携帯電話の明るさと同じくらいに、

映画の世界から現実に戻されるから辛い。

客運が悪かった日と思う。

 

この映画、タイトルは死霊高校ではなく、

英語のタイトルのままのほうが、もしかしたら、

想像も膨らみ、良いのではないかと、個人的に思ってしまった。

じわじわとせまる恐怖から、ストレートな恐怖へと変わり、

もっともっとと大きい恐怖を期待する気持ちに変える。

「チャー※ー」決してこの名前を呼んではいけない。

 


映画『死霊高校』予告編【HD】2015年8月22日公開 - YouTube

 

本日は、上野の方へ、幽霊画の展示会を観に行ったつもりが、

開演時間にまにあわず、ただただ、上野公園を散歩するだけで

終始してしまった。計画性がないとこうなるよ。

上野公園内を思いつくまま、歩き、何故か、上野駅にたどり着かず、

上野広小路駅まで来ていた。

 

ピンク映画ファンとしては、

途中でみかけた、上野オークラ劇場が気になったが、

独りで入る勇気まではさすがになく、看板に流し目ちらちら、

後ろ髪ひかれながら帰るのであった。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする