読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小指の思い出

f:id:tamaririko:20141010182117j:plain

「小指の思い出」という芝居を観てきた。

野田秀樹さん脚本ということで、内容が難しそうだと、

心して観に行ったのであるが、まさしく予感的中。

とても難しい内容で、数学の問題をといている時の感覚に似ている。

自分の理解力、感性鈍さ故なのか、

何処と何処で話が繋がっているのかがわからず、

少し落ち込んでいたが、一緒に観に行ったナエちゃんも、

どうやら同じ気持ちであったとのこと。

 

だけど、言葉遊びというか、台詞ひとつひとつが

面白いし、どうしたらこんな台詞がおもいつくのだろう、

という、そういうところに惹かれてしまう。

 

f:id:tamaririko:20141010183329j:plain

 

とはいえ、今回、このお芝居を観ることを決めたきっかけは、

飴屋法水」さんが出演されているということであった。

あの、東京グランギニョール、あの、飴屋さん、ですよね!という。

この方の目力はすさまじく、こんな素敵な歳のとりかたをしている人は、

そうそう、お目にかかれないのではないかと思い、

ナエちゃんと、帰り道「飴屋さんのかっこよさはどうしたらいいのか?!」と

何がどうしたらいいのかすらわからないが、飴屋法水さんを

実際に観た時の、人格崩壊に繋がりそうな、その破壊力的存在に、

完全に心を奪われていた。

 

f:id:tamaririko:20141010184108j:plain

ちょっと、画像を加工しすぎて、

横尾忠則さんの絵のような鮮やかさになってしまった。

 

松重豊さんも出演されており、

当たり前だけど、ドラマ孤独のグルメ、いのがしらごろうさん役の

印象がひとかけらもなく、全くの別人であって、

ああ、役者さんというのは、いつ、どの瞬間から、

役者さんになるんだろう、というわけのわからない事を、考える始末。

 

自分の人生は、自分が主人公とはいうけど、

今の自分の状態は、まるで他の人に操作されているようで、

自分が消えてしまいそうだという

へこみ状態な心境なため、

飴屋法水さんや、松重豊さんを拝見し、

改めて、自分が主人公にならねばと、もりもりっと思ったりした。

 

最後に、ちょびちょび余談ですが、

山中崇さんという役者さんも出演されており、

ドラマ「深夜食堂」で、松重豊さんと、山中崇さんは

自分の記憶に間違いがなければ、

暴力団の子弟役として2人で出演されていたはずだ、

ということを思い出し、

深夜食堂」ファンとしては、密かに嬉しかった。

 


深夜食堂 思ひで 鈴木常吉 - YouTube

 

 

 

広告を非表示にする