夏祭りはJITTERIN'JINNで

「夏祭り」が聴こえてきても、

それがホワイトベリーの「夏祭り」だと悲しくなる。

それは、JITTERIN'JINNが大好きだから、

なんてことを漠然と考えながら、もう8月。

そしてすぐに、もう9月と言っているのだろう。

 

新宿の肉バルで、友達と話しながら、何かを力説している。

何を力説していたか忘れてしまった。

 

f:id:tamaririko:20180815235105j:plain

 

以前の職場の近くには、アニメグッズが沢山売られている場所があったので、

仕事帰りに行き、購入していた。

 

f:id:tamaririko:20180815235643j:plain

 

そして、銀魂一番くじで、念願の方を一回で当てられたので、

運を使い果たしてしまっただろうか、と、考えるが、

いやいや、まだまだ使い果たすには足りないだろうと、

贅沢なことを思っている。

 

実写版の銀魂2が、あと少しで公開となっている様子。

実写版は色々思うことがありつつも、

やはり、観てしまうのである。

アニメはアニメ、実写版は実写版と、

別ものだと割り切って

観ないと、観れないけれど、

でも、楽しみ。

 

新しい職場と環境になり、

業務を覚えることが多く、

日々必死すぎて、帰ってくると、

蝉の抜け殻のようになっている。

 


夏祭り ●JITTERIN'JINN

若かりし日、JITTERIN'JINNのボーカルの春川玲子さんに、

本当に憧れて憧れて、苦しいほど憧れて、

他の人が目にはいらなかった時期があり、

今でもJITTERIN'JINNのビデオテープは宝物。

パッケージは色褪せてしまったが、ずっと宝物。

果てしなく紅

日々の暑さでね、頬が、絶えず紅色。

 

新宿二丁目の太宗寺の盆踊りに3日間通ってしまった。

楽しくて楽しくて、仕事終わりにダッシュする様、

なんて元気なんだろうと我ながら感心するも、

人ごとのようにも感心する。

踊っても踊ってもまだまだ踊りたりなくもあり、

しかし、あっというまに時間は終わる。

踊る前に食べたたこ焼きがエネルギーとなったのか、

小麦粉とタコの融合が胃の中におさまる感覚が心地良かった。

 

そして、初めて、東京五輪音頭を踊ったのだが、

最初はとまどってしまった。

振り付けの中にピースサインをする形があり、

そのタイミングとか、パターンがなかなか覚えられず、

みよう見まねで踊るには、最初は少し難しいと個人的には思うが、

踊れば踊る程、この振り付けが面白くなり、ちょっと斬新。

 

f:id:tamaririko:20180726234557j:plain

 

高円寺のメキシコ料理屋に行った。

料理が美味しくて、全部食べてみたい願望を抱く。

お気に入りはアボカドを使った料理。

アボカドというと、どうしても、「エル・トポ」の映画の某シーンを

思い出してしまい、わくわくするが、それは内に秘めておこう。

 

f:id:tamaririko:20180726235948j:plain

 

ジャズに縁ある仕事場で働き始め、

気がつくと今年で6年目に突入。

自分の知らない曲が沢山ありすぎる中で、

最近のお気に入りは、オイゲンキケロというピアニストの方。

偶然にも誕生日も一緒だったので、不思議な縁だと勝手に

思っている。

 


Eugen Cicero Trio - Live at the Subway in Köln

 


Eugen Cicero - Solfeggio in C minor (1965)

 

まだまだ夏は続くので、どうしようか、

と悩むも勿論無駄な行為ではあるが、

夏は、盆踊りいがいは本当に苦手である。

しかし、乗り切るべし。

 

ラップ&スター

映画「パティケイクス」という映画を観て来た。

 

指定された映画館のみで観れる無料のチケットを

知り合いの方からいただいたので、

その時に上演している映画なら何でもいい、と思い

観に行くが、チケットの期限が切れているという失態を犯す。

しかし、せっかく映画館に来たのだから帰るのは勿体ないので、

その時上映中の「パティケイクス」を観ようと決める。

 

何の映画かも分からず、

とりあえず歌っている女性がいるなあという感じで

観たら、これが、個人的には、最高に良かった!

ラッパーを夢観る女の子の話。

 

「埼玉のラッパー」という映画が好きで、

この映画でも泣いてしまったのだが、

その時となんとなく、少し同じ気持ちになり、

観ながら泣いてしまった。

夢を叶えるために奮闘するという感じに泣いてしまうのである。

ただのサクセスストーリーだったら、そこまで好きではないのだが、

ちょっと違うのかもしれない、背景にあるものが色々あったから。

特に、この映画にでてくる

おばあちゃんが良かった。

煙草を吸うおばあちゃん。

 

映画を観るという行為は、至福の時なのだが、

エンドロールが流れる瞬間はいつも悲しくなる。

その話の世界が終わって現実に戻る感覚が悲しい。

 

外にでたら、いつもの吉祥寺があり、

人がたくさんいて、独り現実に戻る。

 

f:id:tamaririko:20180705001912j:plain

 


PATTI CAKE$ | "PBNJ" Music Video | FOX Searchlight

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スクランブル交差点で目眩う

久しぶりに渋谷へ。

苦手な街渋谷、苦手というか、嫌いというか。

 

シアターコクーンへ、大人計画の「ニンゲン御破算」の観劇。

N嬢と一緒に行き、N嬢の知り合いが出演されているということで、

ちゃっかり一緒に楽屋へ行ったりして。

うん、凄い世界。

役者さんは、特大強力パワーがないと勤まらないですな、

自分が日々ヒーヒー言ってる勤務の

比じゃないと思うのであります。

 

大好きな森田童子さんが、4月に亡くなられたと知り、

ああ、なんか、心の火がまた消えちゃった。

勿論いつかは、消えるのであろうが。

親とほぼ同じ年齢の方だったんだなあと、しみじみしている。

あの存在の謎めいた感じと、けだるくも可愛らしい声が本当に好きで、

この方は、この地上に本当に存在しているのだろうか?と、

勝手に、変な妄想が暴走したこともあった。

あの特徴的な黒いサングラスの奥の目が気になって気になって、

でも、その目はみたらダメだ、素顔なんてみなくていい、

自分の中では、

ずっとミステリアスな存在で、

永遠にミステリアスな方でいい。

 


森田童子 / 01 愛情練習(ロシアン・ルーレット)

 

森田童子の曲は全部好きだけど、

特にこの曲が好きだった。

 

そして、サナトリウムというタイトルの曲もありますが、

若い方で、この意味を知っている人は

いかほどいるのかなあ、と、また余計なこと考えてしまう。

でも、本当、素敵な曲たちをを世の中に出してくれて、

感謝しております。

 

 

 

 

 

 

6月だからこんにちは

6月突入。

誕生日月。

1年が早いとか、そういう言葉は、もはや無意味なので、

また歳をとるだけの、期間限定の生である。

 

数日間、銀座で働く機会があり愕然としたこと。

英語が話せないと、どうにもならない事が多い。

昔は、英語で高得点をとるためだけに勉強したが、

もはや、全く単語すらでてこないことが多い、

この事に愕然とするのである。

今からでも遅くないだろうか、英会話を本気でやらねば、

と、今更ながら思う。

 

f:id:tamaririko:20180601224310j:plain

 

安定の友人である。

新宿御苑付近の某カフェ、運よく個室に通されたが、

カップルと間違われている事山のごとし。

 

f:id:tamaririko:20180601224557j:plain

 

お互い独身を貫くだろうから、

老後の面倒よろしく、

という会話も増えてきているが、

そう言いながら、また歳をとる、そんな6月。

 


Klaus Nomi - The Cold Song

今日は、クラウスノミを聴いて、迷走中の中、瞑想。

右脳と左脳をいったりきたり、

この人の声は心に響きますよな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

変化が来たりて笛を吹く

悪魔じゃないので、笛は吹かない。

けれど、日々の変化はやってくる。

 

浅草に初詣に行ったばかりと思ったら、

もう4月。

エイプリルフールであってくれてたら正直良いのにと思う

私が大ファンである方の、

おめでたいニュースが今日2日のノンストップの番組であったらしく、

私が、その方のファンであると知っている色々な友達から、

そのニュースを報じたラインが送られてきた。

ファンとしては喜ぶべきですな、なんて、分かっておりますとも。

 

f:id:tamaririko:20180403001537j:plain

 

久々のちぐ嬢と、初詣に行ったのは1月。

ふたりとも、おみくじは、凶であった。

今は別に凶ではないけど、吉でもない、けど、楽しい。

 

f:id:tamaririko:20180403002231j:plain

 

 

久々のつい嬢。西荻窪の、それいゆ、に行ってきた。

綺麗な女子がいたので、みとれる。

みとれる瞬間の斜め45度の視線は自己満足で完結する。

ちぐ嬢も、つい嬢も、出会ってから、もうすぐ20年たつかもしれぬ。

とてもありがたいことです。

 

 

 

シガレットと帽子の似合う人

上野にある素敵なお店に行ってきた。

素敵なお店のオーナーY氏に会いに、山荘氏と一緒に。

最近、気分が落ちており、

Y氏と山荘氏に話を聞いてもらい、

色々な話をしたら、霧が晴れたかのうようにスッキリした。

この二人と話していると時間を忘れるのである。

人の縁に感謝。

 

f:id:tamaririko:20180331023157j:plain

f:id:tamaririko:20180331023231j:plain

Y氏に会う前に、ちょっと寄り道。

手作りケーキの喫茶店「TAW」。

なんとなく気になり入ってみた。

手作りのケーキが本当美味しく、珈琲との相性は最高。

ケーキにはブラックコーヒーがいいに決まっていると思うが、

山荘氏は、ケーキとココアを頼み、おい!邪道だぞ!と思ったが、

嘘です、邪道も何も、何を組み合わせるかなんて人それぞれであった。

 

今回は髑髏の話から始まり、ナパームデスというバンドの話とか、

山荘氏とは色々話しても枯れないから不思議だ。

ロマン優光さん著作の「日本人の99.9%はバカ」

というなかなかドキッとするタイトルではあるが、

読み終わったばかりのこの本が鞄の中にあったので、

山荘氏に授けた。

 

帰り際に、店の名前の由来をマスターが教えてくれて、

なるほど!と思った。

なるほど!と思ったので、そのせいで、

久しぶりにこの渋いしゃがれた声を聴きたくなった。

 


Tom Waits - All The World Is Green

 

自分は煙草は吸わないけれども、この方の歌声を聴いてると、

煙草というか、シガレットを自分も吸ってるような気分になる。

目の前をゆっくりと煙がたゆたうような幻覚をみるような。

コーヒー&シガレッツ」の映画の登場人物になったかのような。