古町演芸場と浅草木馬館

大衆演劇を数年ぶりに観に行ったら、

ドがたくさんついても足りないくらい、

今更、ドはまりしてしまった。

 

f:id:tamaririko:20190529234116j:plain

「古町演芸場」

新潟に帰省し、古町をふらふらしてるときに、気になっていたので、

今回初めてふらっとはいってみた。会場内の昭和感に感動。

 

f:id:tamaririko:20190529234400j:plain

 

女性が座長を務める、劇団朱光、という方々を拝見した。

お芝居も、踊りもたっぷりで、満足。

座長を務めるのは、男性という勝手なイメージをいだいてたので、

女性と知ったときは、びっくりしたというのが本音。

 

f:id:tamaririko:20190529234840j:plain

 

東京に戻ってきても、古町で味わった大衆演劇の空気感が忘れられず、

間隔をあけずに、大衆演劇が観たいというわけで、

浅草木馬館へ。

 

敢えて、事前に何も調べずに、その日、その時に行われている劇団を観ようと

思い立つ。初めて観る劇団であれば、一番前の席がいいと思い、席だけ予約。

始まるまでのドキドキ感がたまらない。

そして始まった・・・!

 

橘劇団の橘大五郎という方を初めて観て、

あまりの様子の綺麗さに息がつまりそうになる。

そして、まばたきすら勿体ないくらいの美しさ故、

まばたきを忘れてしまい、眼球パッサパサになった。

虜になった、なんて、そんな単純な言い方なんてつまらないくらい、

心の中で、ピンクの花吹雪が、ずさああああああって舞いまくってしまった。

泉鏡花の作品の中にでてきそうな幻想感漂わす妖艶さよ。

こんな人がいたなんて知らなかった。

これからもっともっと知りたい。

 

結果、男性が演じる女形の美しさに対する自分のジェラシーは、

蛇がとぐろを巻く形のように積み上がった、切ない。

 


Eve - laputa

昨日は、大声をだしたくなり、深夜部屋をでて、

独りカラオケへ。最後に歌う曲は大好きなビジュアル系バンドで。

ラーメンを食べた後に、高菜明太ご飯でしめたい心境と同じ。

ラーメンとご飯一緒に食べればいいのに、しめは大好きなご飯で。