ブラウン管の向こう側

14インチのブラウン管の向こう側には、

白塗りのスキンヘッドの方がいる。

私はこの方が好きですな。

スキンヘッドの頭の形とともに、指の形もとても綺麗。

 

f:id:tamaririko:20181222000832j:plain

f:id:tamaririko:20181222000743j:plain

 

帰宅してから、DIMMU BORGIRのライブDVDを観る。

頭を縦横に激しく振るボーカル。

いや、頭を振るというレベルを超えて、

髪の毛一本一本が生きている生物に見える。

髪の毛の毛根たちも音に合わせて騒いでいるようだ。

激しい音が血管に注入されるようで、元気がでる。

 

今週、久しぶりに、ちぐささんと、ともみさんで集まり、

紅白歌合戦を意識したカラオケ大会をしようということになり、

カラオケへ行った。

 

f:id:tamaririko:20181222001651j:plain

 

私のリクエストに答え、ともみさんが、筋肉少女隊の

「踊る赤ちゃん人間」を歌ってくれた。

久しぶりに聴くが、歌詞を改めてみていたら、泣きそうになる。

この歌詞とメロディーの素晴らしさよ、どうしたらいいのだろう。

大槻ケンヂよ天才だ〜〜〜、と、マイクを通して叫んでみた。

 

f:id:tamaririko:20181222002149j:plain

 

昭和歌謡かアニメの歌を熱唱中。

画像はクリスマス仕様にしてみたが、

加工さえすれば、人生さえもバラ色だ。

紅白を意識するというのは全くのデタラメで、

皆ジャンルがばらばらのカラオケ大会となった。

 

帰ってからも、踊る赤ちゃん人間を何度も聴く。

深夜なので、ボリュームは小さいが、その小さな音すら満足。

「イワンのバカ」も好きだし、結果、全部好きということになる。

そして、自分の髪の毛一本一本も生物と化した。