レコードのみぞに飛び込む

日曜日、1人で高円寺の回転寿司屋へ。

時間帯的に店内もすいており、聞こえてくる会話は英語のみ。

外国人のお客様が多いのは、もはや普通の光景か。

炙りサーモン、ツナ巻き、たくあん巻き、ツナ巻きの、ループでごちそうさま。

どれだけ、ツナが好きなのだろうか。

 

f:id:tamaririko:20181219233550j:plain

 

江利チエミ高倉健高田みづえのレコードを順番に聴く。

古いレコードプレーヤー故、音がよくないのだけれども、

それすらも最高の音の味だなあと、

美味しいコーヒーを味わう時のようなしたり顔。

「唐獅子牡丹」を聴くと、自然に顔が力み、高倉健の歌声にあわせて、

唐獅子〜牡丹〜と一緒に口ずさむが、低音が出ないので、声に迫力なし。

高倉健様の隣の指定席は池部良様だと思っており、

昭和残侠伝の中の二人の姿が、

自分の頭の中で映写機のように映し出される。

 


唐獅子牡丹 / 高倉 健

何度も何度も聴いてしまう。

その背中にしがみついていいのは、藤純子さんだけかもしれない、なんて、

また、頭の中の映写機がぐるぐるしてきた。