ちょっとの雨じゃない雨でも我慢

雨が降ってしまった。携帯を落し画面が割れた。

観たかった映画の時間を間違えた。

 

今度こそリベンジで、「ちょっとの雨ならがまん」を観て来た。

よかったよかったと何度書いてもいい足りないくらい、

心は踊った。

 

当時、若かりし日の町田町蔵氏の姿を観て、

この人の別格さ、この人は一体なんなんだろうと、

これ程まで純粋なため息はないであろうという、

崇拝のため息がでる。

この数十年後に、町田氏と一度だけ握手をする日がくるなんて

絶対想像もつくわけがない。

 

f:id:tamaririko:20180918002605j:plain

f:id:tamaririko:20180918002625j:plain

 

この時代を生きていない身ではあるけど、

この人たちの存在に出会ってしまい、影響を受けていたりして、

でも、具体的にどういう影響を受けたのだろうと自問自答すると、

長文になる。

 

そういえば、パンクという言葉すら知らない年齢の時、

ブルーハーツを初めてみたときの衝撃が子供心に衝撃的で、

その衝撃は絶対に忘れない。

教室の片隅で、

「僕の右手をしりませんか〜行方不明になり〜ました〜」って、

大声で歌っていた男の子の顔も同時に思い出した。