夏祭りはJITTERIN'JINNで

「夏祭り」が聴こえてきても、

それがホワイトベリーの「夏祭り」だと悲しくなる。

それは、JITTERIN'JINNが大好きだから、

なんてことを漠然と考えながら、もう8月。

そしてすぐに、もう9月と言っているのだろう。

 

新宿の肉バルで、友達と話しながら、何かを力説している。

何を力説していたか忘れてしまった。

 

f:id:tamaririko:20180815235105j:plain

 

以前の職場の近くには、アニメグッズが沢山売られている場所があったので、

仕事帰りに行き、購入していた。

 

f:id:tamaririko:20180815235643j:plain

 

そして、銀魂一番くじで、念願の方を一回で当てられたので、

運を使い果たしてしまっただろうか、と、考えるが、

いやいや、まだまだ使い果たすには足りないだろうと、

贅沢なことを思っている。

 

実写版の銀魂2が、あと少しで公開となっている様子。

実写版は色々思うことがありつつも、

やはり、観てしまうのである。

アニメはアニメ、実写版は実写版と、

別ものだと割り切って

観ないと、観れないけれど、

でも、楽しみ。

 

新しい職場と環境になり、

業務を覚えることが多く、

日々必死すぎて、帰ってくると、

蝉の抜け殻のようになっている。

 


夏祭り ●JITTERIN'JINN

若かりし日、JITTERIN'JINNのボーカルの春川玲子さんに、

本当に憧れて憧れて、苦しいほど憧れて、

他の人が目にはいらなかった時期があり、

今でもJITTERIN'JINNのビデオテープは宝物。

パッケージは色褪せてしまったが、ずっと宝物。