大江戸エロス絵巻に寿司をつけたい

ラピュタ阿佐ヶ谷でやっている

「大江戸エロス絵巻」というタイトルのついた中の演目、

「徳川女系罰絵巻 牛裂きの刑」を観てきた。

映画の前に寿司を食してからの、映画コース、

これ、なかなか、いいと思うがどうだろう。

 

f:id:tamaririko:20160408000651j:plain

 

「徳川女系罰絵巻 牛裂きの刑」は、

タイトル通り、刑罰のオンパレードで、

肉片が飛び散ったり、大量の蛇、時には糞まみれになったり、

かなりのグロテスクさ、の中に、笑いもありで、

ところどころ客席からも笑いがもれた。

苦笑に近い部分もあるが。

女性客は、やはり、とても少なかった印象で、ほぼ男性。

牛裂きの刑を、女性が観ると、下半身が痛くなるかもしれない、

というくらい、かなり厳しい刑。

字の通りではあるが、どこを裂かれるのかというのは、

字から想像してほしい。

この映画を観た後は、

レバーとかホルモンとか赤み系の肉を、

食べる気失せる、なんてデリケートな事を言うつもりはなく、

肉片が花びらの如くまいちる様に絶叫が響く様は、まあ圧巻。

 

カルト映画という言われる映画が大好きなのだが、

どこでも観られるというわけでもないので、

マニアックな特集をくんでくれる、

ラピュタ阿佐ヶ谷はそういう意味では貴重な映画館である。

カルトの素晴らしさは、

さまざまな香辛料をぐっちゃぐちゃに混ぜ合わせると

得られるであろう刺激に近い感覚を得られるから好きだ。

あと、絵の具を大量にごちゃ混ぜにして、何色なのかすらわからない

色ができあがったりする瞬間を観る時の感覚にも近い。

 

カルト好きの人をカルターとか呼ぶのだろうか、

呼ばないけど、呼んで欲しくはないけど、聞いたこともないけど、

少し、いいかもしれないと思う自分もいる、カルター。

 

 

 

 

広告を非表示にする