読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本で押し潰されても仕方ないと諦めると思う

自分の中で、再度、三島由紀夫熱再燃。

通勤電車で「三島由紀夫」という本を読むが、

市ヶ谷の悲劇での自決が詳細に書かれたシーンを読み、

自決の際は、いかほど辛かっただろうかと思うと、

涙がでそうになるので、職場のある一歩手前の目黒駅で本を閉じる。

今更三島由紀夫を思い、泣く人なんて、他人からみたら、

どうみえるだろうか。と思うが、まあ、電車の中のほとんどの人は、

己の携帯とにらめっこ状態で、他人には無関心だ。

さほど気にすることは、きっとないのだろう。

 

f:id:tamaririko:20160219001717j:plain

実家においてある三島本を読み返したい本だけ、持って帰ってきた。

 

f:id:tamaririko:20160219001824j:plain

ついでに、読み返したい漫画も、持って帰ってきた。

内容的にも、親の目にはふれられたくない漫画なので、

実家にはもう置くまい。

 

しかし、もう、今の部屋だと、本や漫画が置けなくなってきた。

それは幸せな悩みかもしれん。

 

さて、先日「残穢」という小野不由美さん原作の映画を観てきた。

日本のホラー万歳、じわじわ、ねっとりやってくる恐怖がたまらない。

鍋の中でふやけた、ちくわぶが溶けた感じのねっとり感に似ている。

独り暮らしの人にとっては、なかなかパンチのきいた恐怖を味わえる。

ただ、自分の中では「リング」の恐怖を「残穢」はまだ超えなかった。

 

本日、昼は、みきっぺと、みきっぺのご子息のコちゃんと、

昼ご飯を食べた。小学生のコちゃんと銀魂の話で、盛り上がり、

銀魂のどのシーンが好きか、キャラクターの誰が好きか、

銀魂の話ができる人が周りにいないので、自分にとっては

最高の時間だった。銀魂の「将軍暗殺」の回を、早く観たいのに、

心の準備ができず、まだ観れない、観れないのである。

 

夜は、新宿ロフトプラスワンまで

「首都神話」のイベントに行ってきた。

ここには書けない内容も多いので、

自分の頭の中にむかい、相づちをうつ。

覚えておきたい内容は、ボールペンで記録を書くのである。

 

出演者のタムケンさんと、

インスタントジョンソンのスギさんの着ていたTシャツが、

トカナという(自分が一番好きなサイト)サイトの

Tシャツを着ていたので、やはり、欲しいTシャツだ、

としみじみ思うのであった。

 

しかし、帰り道の歌舞伎町は、辛い。

人、人、人、の、どろどろした気の波がくるくるくるって、

とぐろを巻いている。

心を無にしないと、とてもじゃないが通れやしない。

 

f:id:tamaririko:20160219004607j:plain

 

数ヶ月前の写真。同じ新宿でも、こっちの新宿(ヒルトン東京の近く)

は、すっごい空気も良かった!写真は、指揮者のようです。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする