45℃の腹筋というタイトル

先日、ついちゃんと、

新宿バティオスに、ホリプロお笑いライブに行ってきた。

ななめ45℃

ダブルブッキング

磁石

オキシジェン

こちらが、個人的に目当て。

特に、昔から、ななめ45℃が好きだ、安定感のある演技力が素敵。

そして、つくづく笑うっていい行為。

 


ななめ45° 車掌 通訳 岡安 【腹筋崩壊】

 

ツタヤから電話があり、何だろうかと思っていたら、

なんと、DVDを一週間延滞していることに気がつかず、

時を過ごしておりました。

延滞していたタイトルを電話口で店員さんに確認したところ

「えっと、えっと、、」という沈黙の後、

「女番長ブルースですね」という回答で。

はい!思い出しました。女番長と書いて、スケバンと読む。

「女番長ブルース牝蜂の逆襲」が正式なタイトルで、

池玲子さんが主演の、突っ込みどころ満済のお色気映画である。

「カーセック●の時代は終わって、オートバイファッ●だ!」

みたいな台詞のもと、走行中のバイクの上で、男女が性行為をする。

突っ込んでいる行為だからこそ言うわけじゃないが、

おいおい、それはないだろう、という、そのシュールな光景に

突っ込みをいれたくなりましたよ。

 

池玲子さんの身体が、もう見事過ぎて、

巨乳なんて言葉では申し訳なく、

国家秘密を詰め込んだロケットが両胸についているようである。

杉本美樹さんと池玲子さんが

決闘するシーンも好きだ。

その決闘シーンも、池玲子さんのロケットぽろりがあります。

 

個人的には、板のような小さい胸のほうが、ぐっとくるのですが、

勿論、好みは人それぞれですわね。

 


女番長流れ者 杉本美樹('72)

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする