読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豪華客船並みに豪華な寄席なんて言ってみたり

正月寄席、新宿末広亭へ。

平日だというのに、席は満席、大賑わいである。

自分は左の桟敷席へレッツゴー。

桟敷からは、お客様全体がみれるので、興味津々で、

他のお客様の顔をみてしまう。

圧倒的に年配の方が多し。若い人は皆無ではないものの、

やはり、少なめだ。

 

f:id:tamaririko:20160117221258j:plain

画像がみづらい。

勿論、目当ては柳家小三治さん。昼から入り、夜まで寄席を堪能。

しかし、独りで行っているので、一切、誰とも話すことができず、

それがちょっと、寂しく感じた。それぞれの噺家をみおわったら、

感想を共有したいのだが、残念、それが出来る人は、

自分のまわりにいない。

 

f:id:tamaririko:20160117222137j:plain

 

やっと、本格的に寒くなってきたので、

もこもこもこもこ帽子をかぶることができる。

とはいえ、暖かい冬だと思うのだが。

 

LAS VEGAS とかかれたトレーナーは、

去年、下北沢の友達の店で購入した、

お気に入りの洋服。誰かに自慢したく、載せたが、

自慢には、きっと、なっとらんでしょう。

 

昨日の夜は、働くお店もたいそう賑わい、

後半の話は、人の恋愛話になっていた。

自分は時間どおりにあがったが、

マスターは、はたして何時まで店をやっていたのか。

人の恋愛話って、もりあがる要素ですよな。

自分の場合、恋愛話を、恋愛噺、という文字に置き換えたいくらい、

今年は、落語でスタートをきったので、

多分、1年、楽しいことになる、と宣言。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする