柳の家の三人会にぶらりぶらり

昨日の事。柳の家の三人会に行ってきました。

場所は、中野ZEROホール。

平日なのに、ほぼほぼ満席でございました。

中野ZEROに集うは、年配の方が多い印象です。

 

f:id:tamaririko:20160114221844j:plain

花緑さんは「子ほめ」をやってくださいましたが、

何度聴いてもこの演目には、いつもホロホロホロリ、涙がつつ〜っと

流れるのでありますな。

隣の席に座っていた、叔父さまも、どうやら、涙を

ふいていたようでございます。

どの方も、聴きごたえばっちりで、満足な心で、ホールを後にしたのです。

 

さて、次は、そのまま、高田馬場へ移動しました。

友達の家でピザ会合会を開く日なのです。

メンバーは4人で、自分だけ枯れ果てた紅一点でございました。

独り暮らしだと、ピザは滅多に食べられないので、

ここぞとばかりにピザを食べてしまいました。

ピザ最高〜とみんなで叫びます。

そんな叫び声だせるなんて、幸せな事ですな。

そして、先日観た「ヤクザと憲法」の映画をすすめたところ、

観に行く!!ということになり、嬉しくなりました。

とにかく、映画を観た後に、意見を交換したいのです。

 

f:id:tamaririko:20160114223312j:plain

 

みきっぺに貰った、今年初のプレゼントです。

めちゃくちゃ嬉しく、写真におさめてしまいました。

みきっぺの店に行くと、いつも興奮して銀魂の話をしてしまうのですが、

銀魂の話は、唯一、みきっぺだけに話せる話なのです。

 

閉店後、みきっぺの車に乗せてもらい、

某所にあるという、みきっぺの倉庫まで

ついていってしまいました。

みきっぺは可愛いレトロ古着雑貨を経営しているので、

倉庫にあるものは、そりゃもう可愛いものがたくさんあります。

 

自分で店を経営しているみきっぺと話すと、

いつも色々刺激をもらい、

自分は、いつまで組織の中にいるのだろうと、考えてしまいますが、

自分が何かをやらない限り(極端な話、起業するとか。。)

だめですね。

働けることは幸せですし、満足な事ですが、

変化は自分でおこさねばいけませぬ。

 


浪曲 広沢虎造「清水次郎長伝 血煙荒神山」

渋い声ですね、そりゃあ、もう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする