怒濤の如くまとめる

11月

●17日

大好きなえりちゃんと、花園神社の酉の市。

生憎の雨になる。傘さしながら大量の人間とすれ違うのは危険でもあるが、

仕方ない。見せ物小屋をみてから、ゴールデン街の汀へ行く。

その時、店にいたお客様は、えりちゃんと自分以外は

外国人の方ばかりで、まるで異国のようであった。

えりちゃんと色々なことを語ったと記憶する。

 

f:id:tamaririko:20151203205948j:plain

f:id:tamaririko:20151203210018j:plain

 

●25日

休みをとり、鈴本演芸場まで。

またしても、天気が悪く、雨だ。

お目当ては、その夜にトリを務める柳家喬太郎さんである。

この日にでていた三遊亭白鳥さんを初めて拝見したのだが、

なかなかごっつい一見見た目は怖い方という印象だが、

とても面白く、新潟出身ということで、贔屓にしたい心境がめらめら。

BL好きの自分としては、この日の喬太郎さんの新作落語は、

個人的にどツボ過ぎて、観に来て、本当に良かったと思う。

しかし、この日は、誰とも話していないな、という事に、家に帰って気がつき、

一声だすまもなく就寝。

f:id:tamaririko:20151203212649j:plain

白鳥さんの公式HPより、ご自由にチラシ用におとりくださいませ、と

書いてあったので、貼らせていただいたのだが、

チラシ用とブログは意味が違うのだろうか、お咎められるだろうか、

三遊亭白鳥さんは、自分の中で、今後も要チェックの人物になりました。 

●28日

マスターと、えりちゃん、まいちゃん、Sさんで、

お店が2時に終わった後に、カラオケに行く。

気がつくと、朝の4時近い時間だ。

朝まで起きているのは辛いと思っていたが、いがいと、元気で、

帰ってから、中川家の漫才を観てから就寝。

肌に悪いのは百も承知だが、気にしない日もある。

 

●29日

ひさびさに、ダイゴ氏とかっちゃんの家で、かっこいいすき焼き鍋の会。

この2人に会うと色々話したくなる。音楽の話で盛り上がり、

会社では音楽の話など出来ないので、

やはり、こういう話が出来る友達を持つのはいいなと心から思う。

新潟に帰ってしまった、皇子君に、鍋をやってる自慢メールをしたら

すぐに返信が。新潟新潟言ってるが、自分は、もはや東京がものすごい

長いので、新潟出身の人からしたら、どの面さげて新潟出身をなのっとるんじゃい、と言われそうだが、思うのは勝手である。

f:id:tamaririko:20151203210856j:plain

何も言うまい。このTシャツ自分も欲しい。

 

f:id:tamaririko:20151203210932j:plain

かっちゃんが、持っていたCD。なんと、自分がタワレコ行っても、

入荷されていないと言われ、手にいれるのを諦めていたCDを、

かっちゃんが持っていた。興奮しすぎて、かっちゃんを叩く叩く。

今年一番気になるフランスのバンドの方です。

日本に来ないかなあと話をする、どうだろう。

来たら、どんなことがあっても行くだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする