読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恥御殿の世界

高円寺ショーボートにて、

恥御殿バンドのライブの物販のお手伝いを。

 

f:id:tamaririko:20150319233709j:plain

 

演奏の上手さと歌の上手さで、独特な素晴らしい世界観を体験させてくれる。

いやはや格好良いとしか言えない。

 

f:id:tamaririko:20150319233938j:plain

 

恥御殿バンドを率いる主、マダムジュンコ様。

ダンスも歌も、おしゃべりも上手くて、優しくて、

尊敬している。自分にないものを沢山持っていて、

羨ましさと同時に、会うたびに、感化される。

 

f:id:tamaririko:20150319234408j:plain

 

ジュンコちゃんから、春をイメージした衣装と前もって聞いていたので、

ライブお手伝い当日は、ピンクのかつらをかぶってみた。

ピンクのかつらを買ったはいいが、

かぶる機会もなく、タンスのこやしになっていたので丁度いい。

対バンの「パンチの効いたブルース」というバンドも、

メンバーが全員女性で、パワフルでかっこ良くて、なおかつ可愛いかった。

 

そして、本日は、探偵ナイトスクープ、と、タモリ倶楽部

だけを観て過ごす。この時間の幸せさ。

探偵ナイトスクープで、乳首が敏感すぎるおじさんからの依頼の回に、

声出して笑ってしまい、ずっと笑っていた。探偵桂小枝のどSっぷりよ。

えげつないのが好きだ。

 

そういえば、ayabambiというダンサーの方が、

最高に好きになりすぎて、悪い癖で、また、大きな影響を受けて、

髪がた、洋服とかも、そのうち、真似しそうな勢いだ。

真似したところで、体型も何もかも違いすぎるから、自殺行為に近いが。

ayabambiが同性同士で結婚されていると知り、

更に、ぐっと、おさえきれなく、好きになってしまう。

 

そうなのです、Lの世界に感化されすぎてから、

好みの女性を目で追う回数が明らかに増えた。

気のせいと思っていたが、気のせいではないようだ。

そんな中、女性の落語家の、立川こはるさんという方がおり、

とても好みのお顔の方を発見してしまい、

これから、チェックして、

おそらく、きっと、観に行くのだろうと思う、

華やかな気持ちになるのが止められぬ、春が近づく。

と言いつつ、嫌いな春。すぐ夏がくるから、嫌いだ、春。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする