読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犬の心単独ライブ

座高円寺にて、犬の心単独ライブ「冬犬」に行く。

犬の心は、昔からファンであるにも関わらず、

単独ライブは初めて行くというこの現実。

犬の心の2人とも、

演技が上手く安定しているので、ものすごい安心感の元で、

コントをみれるのが嬉しい。

観終わった後は、満足感で嬉しい気持ちであった。

犬だけに、ワンダフル、って、なかなか

背中が寒くなるような、余計なことを言ってしまう。

 

犬繋がりで、本日の落語は、「元犬」と「鴻池の犬」。

「元犬は」犬が人間になるという話で。

元は犬ということもあり、「ご飯を食べるか?」と聞かれ、

嬉しくてお尻をふる、その、

犬の仕草は人間になっても引き継がれているので、

想像すると、おかしくなる。

やはり、志ん朝で、きめてほしい。

 


古今亭志ん朝 「元犬」 - YouTube

 

「鴻池の犬」は、捨てられた犬が再会するところで、

個人的には涙が流れもした。

ただ、恥ずかしながらサゲの部分が、

1回聴いた時に理解ができず、

何度か聴いてしまった。

でも、好きな演目の一つである。

 


桂枝雀 鴻池の犬* - YouTube

 

落語にでてくる、動物を、分類わけしてみたいのだが、

まだまだ、拝聴できていないお話が多すぎるので、

今の自分の知識では、分類わけなどできるわけがなく、

無念無念。ちょいと、いきがって発言してしまったの、

すこしづつ、もっともっと聴いていく宣言を今。

広告を非表示にする