神楽坂からのベイブルース

雨が降ってしまった。

途中から大降りになった雨で、見事濡れたが、

そんな中、神楽坂探索を、ついちゃんと行う。

雨女というものが本当にあらば、この雨効果は、

まがう事なく、ついちゃんであろう。

 

f:id:tamaririko:20141121004949j:plain

 

神楽坂の「キイトス茶房」にて、キーマカレーを食す。

本がたくさんある素敵な店だ。

外は雨と寒さ故、ひたすら、のんびりとこの茶房で過ごす。

 

f:id:tamaririko:20141121005325j:plain

 

神楽坂の後は、新宿へ移動し、「ベイブルース」という映画を観た。

ベイブルースという漫才師の存在は、存じ上げなかったのだが、

この映画を観てから、気になり調べてしまった。

ベイブルースの河本さんは、26歳の誕生日を迎える前に亡くなられ、

そんな若さで、亡くなってしまうなんて、残酷だ。

漫才に対して、漫才をする事に対し、

ストイックな方だったのだろうという事が伝わってきた。

自分なんかは、何事も楽しくもっと楽にやっちゃえばいいのに、という

ストイックのかけらもない正反対の性格なので、

色々考えさせられる部分が多かった。

好きな俳優、木下ほうかさんが出ていたなあ。嬉し。

 

f:id:tamaririko:20141121011519j:plain

 

本日は偶然にも、ついちゃんと、黄色い靴がかぶってしまい、

お互い、真似すんなよ、と言い合っていたわけだが、

なかなか黄色い靴を選んで履く人をみたことがないので、

なんだか、おかしかった。

ベイブルースの、河本さんと高山さんの仲を映画で観た後で、

自分と、ついちゃんの仲を考えたりすると、

やはり、友達はいいものだ、と、すこし、臭い台詞すら

本日はちょっと言ってしまいそうだが、

臭いものに蓋せず、開けたままの日もあってよかろう。

 

f:id:tamaririko:20141121012248j:plain

 

いい休日であった、と、

ぶりっこしながら言っているのである。

 

関係ないが、電車内の広告の何かの雑誌の見出しのタイトルに、

オバマに必要なチェンジ」というタイトルを、

オバマに必要なチャゲ」と読んでしまい、

おかしなもんだと思っていたが、おかしいのは自分の頭のようだ。

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする