読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鈴本演芸場まで猛ダッシュする日

習い事が急遽休みになった。

あいた時間を持て余していたので、

落語に行こうと思い立ち、適当に演芸場を調べてみたところ、

鈴本演芸場柳家喬太郎さんの「笑えない喬太郎」という演目を発見。

しかも楽日、最終日だ。

時間をみると、18時は既にまわっていたが、

喬太郎さんは20時過ぎの出番で、今から行けば間に合うかもしれないと、

気持ちが、わくわく、はたして当日のチケットがあるのだろうか、

という不安さも抱きつつ、ええい、ままよ!

とりあえず、財布と本だけ持ちダッシュで家をでた。

 

鈴本演芸場は行ったことがなく、上野広小路で降りると近そうだったので、駅で鈴本演芸場までの地図を確認。

確認すると、駅からは近い場所にあることがわかり、

更にダッシュ、ふう、よく走る日だ。

初めての鈴本演芸場にどきどきしつつ

席はまだ座れるとのことだったので、無事中に入れたが、

席は満席に近い状態であった。

 

f:id:tamaririko:20141031223622j:plain

 

喬太郎さんの話の世界に入りすぎてしまい、

話にはいりこむと、拍手というのは、すぐに出来ないものだということに

気がつく。終わった後に、緞帳がおりるまでは自分は現実に戻れない。

話の中の登場人物が、まだ自分の頭の

片隅にうごめいている感覚。

この感動は自分の中で消化せねば。

来てよかったよかった。

 

f:id:tamaririko:20141031224300j:plain

 

孤独のグルメの真似をして、先日、ようちゃんと、

2人のグルメ、というのを開催した。

どこの駅で何を食べるかということを、

携帯で、前もって絶対に調べず、直感だけで動いてみようという形。

とりあえず、駅に行ってから、何線乗りたい?何駅にする?

という会話から始まり、駅名をみて、2人の感覚で「京橋」に決まった。

京橋は行ったことがなかったので、なんとなく、いいかなあと。

 

京橋に降り立ち、店らしきものを探し、候補1候補2と決めていく。

酒を飲まない2人なので、呑み屋関連は候補にはあげないのだが、

京橋で、呑み屋ではないところというと、やはり、どうしても、限られる。

そこで、目に止まったのは、スープカレー屋さんであった。

大大正解といういうくらいに美味しいスープカレーで、

2人のグルメは大成功したのであった。

 

f:id:tamaririko:20141031225149j:plain

 

京橋のサンクス。なんか、いい。漠然といい。

京橋だけに気のせいか歌舞伎っぽい。気のせいかもね。

 


柳家喬太郎 「ハンバーグができるまで」 - YouTube

 

 

 

 

広告を非表示にする