読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シュトルムウントドランクッ

f:id:tamaririko:20140904223139j:plain

 

シュトルムウントドランクッって3回早口言葉で言ってみて、

と言われそうなほど、難しい、タイトル。

何観てきたの?と聞かれたら、何とか何とかドランク、と、答えざるを

えないほど、自分的には難しいタイトルの映画であった。

 

映画を観ていると、

まさしく、大正時代にタイムスリップしたような感覚になる。

大杉栄なども、出てきて、歴史で、ほんの少しだけ触れたような人物たちが

登場しているが、本来なら、その人物たちに、ほんの少し触れるどころか、

メインで、その時代背景や、人物相関図をみると、うはうはうきうきするほど、

面白いに違いないのだろうなあと思った。

アナキスト達が集まって、談笑したり、悲痛な叫びをあげたり、

人間同士が生身で向き合いぶつかっていく姿は、

今となっては、とても羨ましくもある。

ただ、「ギロチン社」という名前を結成した因果か、

メンバーの中で、強運の持ち主、と呼べる人物が皆無だったのでは、

なんて、ちょっと思ってしまった。ちょっとしたミスから失敗を招いたり、

タイミングに恵まれていない人が多かった。

とはいえ、それでも、ギロチンの如く、首から切断され、

首だけがコロリンコロコロ転がったとしても、

そのまま口笛を吹きそうなメンバー達ではあった。

シュトルムウントドランクッ。

自分は、お酒は飲まないので、炭酸ソーダで乾杯を。

 

f:id:tamaririko:20140904232004j:plain

 

女優の、なかむらえみこ、さん。

相変らず、美しい人であった。

 

 

 

広告を非表示にする