読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

盆踊り

本日、中野の盆踊りでございました。

踊ることが大好きなので、輪の中にはいります踊ります。

踊って行るうちに、みるみる気分はトランス状態になり、

太鼓のリズムにあわせるが如く、汗もぴゅっぴゅっぴゅっシャシャシャ×3、

みたいなリズムで体内から流れ出るのを感じます。

1人だけ、稲川淳二の団扇を持っておりますね。

私はガンダムの団扇がもらえてご満悦ですが、稲川団扇も

羨ましいという本音を抱きつつ、その心、隠します。

 

f:id:tamaririko:20140801233747j:plain

 

盆踊りというのは、老若男女一緒に輪になり、ひたすら踊ります。

踊りたそうにしていた外国人の女の子たちを

みつけたので、輪の中入っちゃえ!みたいにゼスチャーで伝え、

一緒に踊りました。

盆踊りで、国境関係なく色々な人が一緒に楽しく踊れれば、

世界が平和になるのじゃないだろうかしら、なんていうのは、

単純すぎる考えですかしら。

中野の空には稲妻が光っており、提灯の灯りと、

幻想的にミックスしておりました。

 

 

f:id:tamaririko:20140801234926j:plain

 

帰り道、踊り疲れた後は、黒猫茶房にて、生梅ソーダ。

喉を潤すにはもってこいで、梅の甘酸っぱさとソーダのしゅわんしゅわんさが、

先を争うように喉を通過する。まあ、そう慌てるな、と、なだめるも、

慌てて飲んでいるのは自分ですのに。

 

f:id:tamaririko:20140801235604j:plain

そして、つげ義春を読みます。つげ様の描く男性が

変質者にしかみえませぬ、と、パリジェンヌと語りました。

女性の乳首は、まるで、薔薇のボタンのようです。

 

帰りは、雨が少しばかりふっていたので、

手ぬぐいをかぶって、走って帰りました。

 

しかし、浴衣を着ると暑いです。浴衣を脱いだ時の開放感は、

ミイラ男が、ぐるぐる巻きにした包帯をとった時の感覚に

きっと似ているのかもしれません、という妄想をしてニヤニヤしました。

 

広告を非表示にする